メンバー紹介
MEMBERS

TOP > MEMBERS > 小池 秀行

小池 秀行

千葉県船橋市出身。大学院にて実験系物性物理学を学び、 物の真理とその解明方法の探究に明け暮れる。
社会人となり組み込み系システム開発エンジニア兼SEとして、セキュリティーデバイスの仕様策定からプログラミングまでシステム開発の世界を探究をする。
創業メンバーとともに村式株式会社を設立。越境を主軸とした村式の屋台骨を支える役割を担い、村式を成長させ、自らを成長させていく。

小池秀行を表す色薄墨=場を引き締める

日本原産のいい男。
小池のことを語るなら、その一言がすべてだと思われる。
最初に小池をパッと見たとき、機嫌がいいのか悪いのか見当がつかなかった。
無駄口を叩かず、静かな佇まい。
余計な愛想笑いなどもない。
しかしすぐにわかった。
よく切れる刀を持っているから、いざという時以外は抜く必要がない。
目に鋭い光を蓄えたこの男の刀は、しかし、人を斬るためにあるのではない。

オフィスの外では一児のパパでもある。

小池の言うことは合理的で、直線的に物事を解決する。
本当の侍の刀さばきは、時代劇の殺陣のように、無駄に振り回したりはしないのと同じこと。
語り口は穏やかだが、よく練られた思考は秒速で四方に飛ばされ、ピンポイントで解決に刺してくる。
そのプロセスは極めて早い。
だが、穏やかなこの男は、人を威圧したり、人の言葉を遮ったりもしない。
優れた男は世界に数多くいるとしても、こんなタイプは日本にしかいないだろう。
まさにMADE IN JAPANの信頼とはこの感じだ。

常識の枠を越える!

語ることで人を惹きつける住吉と対照的に、語らない小池に人は絶大な信頼を寄せる。 村式を創業した4人のメンバーの絶妙なバランスは、まさに神が巡り合わせた「采配」によるものなのだろう。
とにかく、私は小池がいるとそれだけで安心する。そんなJAPANの象徴小池とともに、村式は国境を越えるのだ。(文責:長内香織)