MEMBERS
仲間

TOP > MEMBERS > 武井 勇一朗

武井 勇一朗

群馬県出身。
中学生の頃、ビートルズの曲を初めて聴き、音楽に目覚める。その後、ギターと出会い、気がつけば学生時代はひたすらギターを弾きまくって終わっていた。
社会人になり、接客の仕事に従事しながら、徐々に「売る側」から「創る側」への憧れを感じ始め、Web業界へ転身。
プログラマーとして、たまたま村式で一緒に働く機会を得て、社風や行事、笑いの絶えない職場環境、仕事や勉強への取り組み方に、次第に心惹かれるようになる。 村式の様々なイベントに参加していく中で、メンバーと想いが通じ合い、入社を決意。

武井勇一朗を表す色黄=澱みのないエネルギー

武井勇一朗。チャーミングなイケメン。
この男の言葉はいつも明快で淀みがない。
立て板に水というのはこのことを言うのだろう。
思考がよく整理されていることの証だと思う。
明快であるが鋭角的ではない。
自分はこう思う、ということを衒いなく口にでき、そこに過不足はない。
議論の場でも納得を得たら、それ以上余計なことを付け足したりはせず、自分が取るべきアクションについて思考を巡らせているようだ。
思いやりにあふれるこの男は、勝負あった、と見るやそれ以上刀を振ることをしない。
相手の足が土俵から出たら、それ以上の圧をかけない力士のようでもある。
実に気持ちが良い。
若いのに、紳士だな、と見ていて思う。

愛用のギター

探究心が旺盛で、木が枝を伸ばすスペースを探すがごとく、いろいろな方向に関心を向け、自分にまだ足りていないものを探している。

自己イメージを越える!

この伸び盛りのプログラマーはまた、同僚から「武井先生」と呼ばれてもいる。人に教えることを得意とするからだが、それだけではない、上記のような人柄が若手のお手本となっているのだろう。
村式という会社には「人間とはどうあるべきか」をいつも根底で探求しているような無形の文化がある。彼は、その意味でも会社の中核である。(文責:長内香織)